ABOUT PRODUCTS ARTISTS PRIVACY POLICY SUPPORT
 
 
  Duran http://duranguitar.com/

アーティスト
使用弦
 

Nickel Wound,
Light Top/Heavy Bottom

EXL140

Nickel Wound,
Regular Light

NYXL1046

Nickel Wound,
Light Top /
Heavy Bottom

NYXL1052



Follow on Twitter
Follow on Facebook
Follow on Instagram






 

プロフィール
スパニッ シュ系フィリピン人の父と日本人の母の間に生まれる。3歳からピアノを習い14歳からベーシストの父親の影響でギターを始める。The ROOTLESS、a flood of circle、undervar(活休中)、Made in Asia 数々のバンドを渡り歩き2017年11月よりソロ活動開始。これまでに稲葉浩志(B'z)、スガシカオといったアーティストのサポートも務める。EXILE ATSUSHI ソロプロジェクトバンド RED DIAMOND DOGS にも参加。


コメント
D'Addario弦との出会いは19歳の頃。それまで弦は全部一緒で、なんでもいいって思ってたんで。俺の尊敬するギタリストの方に勧められてD'Addario弦を使いだしたんだけど、弦でこんなに音もプレイ ニュアンスも変わるんだなぁって、やっと分かってきた時でした。それから色々と試してみたけどD'Addarioに戻ってそこからずっとD'Addario弦を使ってます。俺は自分の体に合うギターとアンプ、そして弦があれば良い音は出せると思ってます。 D'Addario弦は弾き心地的にはプレイヤーの個性がもろに出る弦だと思っていて、だからこそ難しいけど変な癖がなくプレイヤーに負担をかけない。チューニングの安定もいいしストレスなく思いっきりプレイ出来る。音もギターとアンプで作った音を変な癖をつけず ストレートにだせて、でもしっかりアティチュードもある。出過ぎず、引っ込み過ぎずなワビサビきいた弦かと。テンションも高めで自分みたいに割と弦を強めに、単音でも全弦弾くスタイルで、押さえた指からも弾いてる感がビシビシ体に伝わってきて気持ちがいい。 D'Addario弦は今じゃ自分のプレイとトーンには欠かせないです。

 
       





(C) Kyoritsu Corporation, Ltd.  ダダリオ TOP / ダダリオについて / 製品情報 / プライバシーポリシー / お問い合わせ